施設概要・コンセプト

TOP > 施設概要・コンセプト
花のみどころ
イベント
ショッピング
グルメ
体験しよう
遊ぼう
営業案内
園内マップ

施設概要・コンセプト

公園名称 安城産業文化公園「デンパーク」
所在地 愛知県安城市赤松町梶1番地 (農協総合センター隣)
事業主体 安城市
公園面積 131,000平方メートル
管理運営主体 公益財団法人安城都市農業振興協会
出捐金 1億円
オープン 1997年4月29日(みどりの日)
1997年11月23日(入園者100万人)
2000年12月3日(入園者300万人)
2004年8月21日(入園者500万人)
2006年10月30日(入園者600万人)
2008年11月13日(入園者700万人)
2010年12月20日(入園者800万人)
2013年3月16日(入園者900万人)
2015年2月22日(入園者1000万人達成)
2016年12月18日(入園者1100万人達成)

出捐団体 安城市 あいち中央農業協同組合 安城商工会議所(株)デンソーアイシン精機(株)(株)マキタ (株)豊田自動織機豊田通商(株)トヨタ自動車(株)名古屋鉄道(株)碧海信用金庫 (株)三菱東京UFJ銀行岡崎信用金庫アイシン・エィ・ダブリュ(株)アンデン(株)
主な事業 ●農業振興と地場産業発展事業
●花と緑のまちづくり事業
●市民園芸に関する事業
●デンパークの管理運営
公園内の花木 3,300種類・30万株
デンパークの由来 日本デンマークの「デン」、田園の「デン」、伝統の「デン」と公園の「パーク」を組み合わせて名づけられました。

「日本デンマーク」とよばれた安城市

コンセプト 愛知県のほぼ中央にある安城市は、かつて「日本デンマーク」と呼ばれ、全国の農業経営のモデルとなってきました。稲作、畑作、果樹、畜産などの多角形農業をすすめた安城市は、世界の農業先進国であるデンマークにたとえられたのです。
デンパークはその歴史をもとに、自然と親しみ、花のある暮らしを提案していきます。
シンボルマーク たがやすよろこび、つくる感動をデザイン
天の恵みを象徴する「天体」、農の営みを象徴する「鶏」、世界に共通する美しい「田園風景」、安城市民の「フロンティア・スピリット」を要素としています。
■5色のテーマカラーの意味
/太陽の輝きとおおらかさ」
/植物の落ち着きと爽やかさ」
/水と空の憧れと無垢」
/火のような勇気と元気」
/夜の闇とやすらぎ」
■シンボルマーク内のデンマーク語の意味
Solen Lyser/太陽は輝き」
Liv op dit hjerte/君の心を躍らせる」
Jorden yder/大地は富む」
For en rig host/実りある収穫のために」