カレーバイン(Bignonia capreolata)

花の説明

スプリングガーデン南フェンス

花はラッパ型で外側が赤褐色、内側が暗めの黄色でカレーのような香りがあります。その花色と香りがカレーを連想させるところから英名「カレーバイン(バインは‘つる’の意)」と呼ばれます。和名はラッパ型の花がぶら下がるように咲くところから「ツリガネカズラ」。花付きの非常によい木で満開時はつるにびっしりと花が咲き、大株のものは壮観です。


TOP