パンパスグラス(銀葦(しろがねよし))

花の説明

グラスウォーク

パンパスグラスの大きな穂が見ごろを迎えています。背の高いものや穂が茶色のもの、葉に斑の入るものなど、園内に6種類ほどあります。葉を良く見ると縁がギザギザのノコギリ状になっています。そのため管理作業はすり傷が絶えません。まだ暑さが残る初秋の夕日に照らされる雄大な穂は、秋のグラスウォークの主役です。


TOP