キョウカノコ(京鹿の子)

花の説明

木陰のギボウシ園

古くから茶花として親しまれてきた花です。名前の由来は京都の染物 『鹿の子絞り』に由来します。濃いピンク色の小さなツボミが開くと、フワフワしたやわらかな花となります。花も綺麗ですが、葉も切れ込みが深くて魅力的です。草姿は野趣があり、木陰のギボウシ園によく似合います。


TOP